美肌は夜寝ているときに作られる

肌は、寝ている間にのみ再生されます。皮膚細胞は、表皮の奥の基底層で生まれ、成長し、皮膚表面に移動して角質層を形成し、最後は垢となってはがれ落ちます。この繰り返しがきれいな肌を保つのです。
肌再生が活発に行われるのは、寝はじめてから最初の3時間になります。

この肌の成長は人が寝ている間にのみしか起きないことがわかっています。
徹夜明けの肌は前日野の古い細胞が残ったままになります。本来とるべきであった夜の睡眠を、日中の細切れの仮眠で補えるものなのかというと、無理なのです。肌の再生はされないのです。

生理周期のホルモンバランス

女性ホルモンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲケン(卵胞ホルモン)の2種類があります。
生理前にニキビがでやすい女性が多いのは、プロゲステロンの分泌量が増え、ホルモンバランスが崩れるからです。
このホルモンバランスの乱れは、肌の新陳代謝を衰えさせ、肌荒れの原因の一つとなります。
生理前に多く分泌されるプロゲステロンは、男性ホルモンと似ており、皮脂分泌を活発化させます。

この生理前の時期を乗り切ると肌の調子は安定するので、生理前はメイクをおさえめにしたり洗顔を多くしましょう。
女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンを多く含む豆腐などの大豆食品を食べるのも良いでしょう。

たばこと美肌の関係

気分転換、ストレス解消には良いかもしれませんが、健康や美肌のことを思うと「たばこは、百害あって一利なし」
たばこ1本吸うごとに25mgのビタミンCが失われるそうです。ビタミンCはメラニンの生成を抑える大事な大事な栄養素ですので、喫煙する人はビタミンCサプリメントの利用をおすすめします。

喫煙している時は毛細血管が収縮するので、喫煙数の多い人ほどもちろん肌の血行も悪くなります。
また、煙の中に含まれる成分に、紫外線A波に当たることにより有害物質に変わるものがあり、人によっては肌に炎症を起こしたりまします。

長年たばこを吸っている人の肌を見て、実年齢よりも老けて見える、肌ツヤがないと感じたことはあるでしょう?
たばこはやめましょう。