シミ・クスミの原因・対策法を知って早めの対策

シミは実際の年齢より老けて見られるなど、女性にとってはうれしくないものです。
シミの原因・対策法を知って早めの対策をしましょう。

シミ・クスミが出来るのはなぜ?

シミ・クスミとは、肌の表面が茶色に変色するもので、 20歳を過ぎたあたりから、肌の老化は始まります。
一番の原因は、メラニン色素です。シミを予防には、第一に紫外線を浴びないことが大切になります。

  1. 紫外線を浴びる
  2. ホルモンの乱れ
  3. 不規則な生活

が原因で起こるようです。

シミ・クスミの予防

予防として、ビタミンCを摂取することが大切です。
ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑える効果があるのです。
また、沈着してしまったメラニン色素を分解する効果もあるので、毎日しっかりとビタミンCを摂りましょう。
さらには、真皮を構成するコラーゲンの形成も促し、お肌にハリがでてきます。

シミ・クスミの治療

治療法にはレーザー治療、イオン導入法、ピーリングなどがありますが、シミの種類によって効果的な治療法は違ってきます。

老人性色素斑、光線性花弁状色素斑、ソバカスにはレーザー治療が効果的ですが、肝斑や炎症後色素沈着にはレーザーを照射すると色調が濃くなることもあります。シミの種類を把握し、適切な治療方を選択することが大切です。

レーザー治療の一番のメリットはシミがきれいに取れ、跡が残らず、普段の洗顔や化粧にほとんど支障がないことです。
しかし、現在多く採用されているレーザー治療はルビーレーザー、色素レーザーが主流ですが、治療後の患部は敏感なため、メラニン色素が現れてきたり炎症が起こることもあります。

術後のアフターケアを怠らず、日焼け止めクリームで紫外線を防ぐ事を忘れないようにしましょう。